猫が舐めない位置に | 猫のノミやマダニはお得に使えるフロントラインプラスがオススメです

猫が舐めない位置に

赤いカプセル錠剤

ノミやマダニだけでなく、ハジラミも同時に駆除する効果があるフロントラインプラス。
フロントラインと同じスポットタイプなら安心して使えるという飼い主さんもいると思いますが、フロントラインプラスは手軽に使えるからこそ、注意しなくてはならないこともあります。
既にフロントラインを使ったことがある人や、他のスポットタイプのノミダニ駆除薬を使ったことがある人はすぐにわかったと思いますが、投与する位置に気をつけないといけないのです。

フロントラインプラスは正しく使っている分には副作用があらわれる可能性も低く、安全に使えるノミダニ駆除薬です。
しかし、猫が自分で舐めとってしまったりすると、流延などの副作用があらわれてしまう可能性があるのです。
安全性が高く作られているフロントラインプラスなのに、投与する位置が間違っていたばかりに副作用があらわれてしまうと、飼い主さんとしてもショックですよね。
特に猫はこまめに自分で毛づくろいをするので、フロントラインプラスを投与する位置には注意しなくてはなりません。

フロントラインプラスを投与する位置でオススメなのは、肩甲骨の間や首筋です。
この部位は猫が自分で舐めることができないため、フロントラインプラスを投与しても、猫が舐めとってしまう心配がありません。
多頭飼育をしている場合は他の猫がフロントラインプラスを投与した箇所を舐めたりしないように気をつけましょう。